乗らない車を処分した方が良い理由

乗らない車は、保持しているだけで車検費用や自賠責保険などの維持費がかかります。維持にかかる費用は、普通車なら1年間に18万円、軽自動車なら1年間に13万円程です。また、駐車場を借りている場合は、駐車場代もかかるため、無駄な費用を払い続けることになります。

廃車や事故車は買取でお得になる|引き取り業者の選び方

廃車

事故車や廃車は引き取りしてもらおう

大きな事故に遭って動かなくなった事故車や廃車は、ディーラーで下取り価格が付かないうえ、廃車手続きの費用が掛かるのが一般的です。しかし、廃車買取業者に引き取りをしてもらうと、廃車手続きの費用も取られないうえに、値段を付けて買取ってもらえます。廃車引き取り業者は、独自の販売ルートを確保しており、車としては価値がなくても中古部品として販売することを目的としているため、どんな車でもいくらかの価値を見出してくれるのです。

引き取りを依頼する業者を決めるときのチェック項目

廃車

独自にリサイクル工場を保有している

動かなくなった事故車や廃車を処分するには、解体するためのリサイクル工場が必要となります。独自のリサイクル工場を持たない業者は、外部の工場に受注することになるため、余計な費用が掛かるため買取価格にも影響します。独自に処分できる業者は、より高い価格での引き取りが可能になります。

税金や保険の還付について説明がある

廃車引取り業者は、廃車に関する手続きも代行してくれるのが一般的ですが、その際に自動車税や重量税、自賠責保険の還付についての説明がされなければなりません。本来依頼者が受け取るべき還付金を、手数料として着服する業者もあるので注意が必要です。きちんと説明してくれる業者を利用しましょう。

適正な査定金額を提示する

廃車引取り業者の中には、高額な査定金額を提示してくるところもあります。しかし、その後問題があると言って値下げを要請することがほとんどのため、高すぎる査定金額を提示する引き取り業者には注意しましょう。インターネットの一括査定を利用して、適性金額を知ることも大切です。

ネットから査定依頼が可能

わざわざ業者に出向いたり電話をしたりしなくても、査定は、インターネットで簡単に依頼することができるので、利用してみると良いでしょう。車のメーカーや車種、走行距離、年式などの基本的な情報を入力するだけで、だいたいの査定金額を知ることができます。

引き取りに関する疑問

廃車

自動車税が未納でも引き取ってもらえるの?

自動車税が未納でも引き取ることはできますが、所有者が法人の場合は、自動車税を正しく収めていなければ所有者解除の書類が発行してもらえないこともあります。

買取価格はどのような基準で決まるの?

主に海外市場での流通を目的としており、車種、年式、走行距離、排気量のほか、中古車として流通させられるか、パーツ取りとしての需要があるかなどを基準として算出されます。

広告募集中